ロゴイメージは詳しく

ロゴ制作会社にロゴの制作を依頼する場合、具体的に指示を出すようにします。よくあるのが、「見た目がインパクトがあるもの」「見た瞬間にガツンとくるもの」「可愛いものがいい」など。ロゴデザインの作成を依頼した時に、制作会社にこのような抽象的なイメージを伝える場合があります。デザインする側も非常に悩まなければなりませんし、抽象的なものですので制作したロゴが発注した側のイメージとは異なる場合には修正を依頼するほか、また最初から打ち合わせを行わなければならなくなり、ロゴの制作自体がどんどん遅くなってしまうかもしれません。

デザイナーまた、どのようなロゴにすれば良いか全く想像もつかずに、デザイナーに全てを任せてしまうこともあります。しかしお金を支払っていますので自分の納得のいかないものであればデザイナーに対して修正を依頼することになるでしょう。やはりこのような依頼する側と受ける側のイメージの共有ができていない、というのは時間やコストにおいて非常に大きなロスになります。

発注下側のイメージをどのように汲み取るのかは、デザイナーにとってとても重要なスキルではありますが、あまりにも抽象的なものだとデザイナーにも限界があります。そのため、できるだけ詳しく具体的な言葉でイメージを表現すると同時に、イメージしているロゴに近い既存のロゴがあれば、それをサンプルとして挙げるようにしましょう。